債務整理

債務整理とは

債権者と交渉をして、返済する債務額を減らしたり利息をカットしたりすることです。任意整理、個人再生、自己破産などがあります。法律にかんしての専門的な知識が必要なため、通常は弁護士、司法書士に依頼をして行います。

債務整理 任意整理

債務整理の方法の中で、もっともよく利用されているのが任意整理です。裁判所を介さずに、債権者と直接交渉を行います。利息制限法の計算で借金額を減らしたり、将来利息のカットなどを行い完済を早めていく方法です。

自由度が高く、一部の債権者のみと交渉を行うことなどができる反面、個人再生や自己破産などに比べて減らせる借金の額が低い傾向にあります。

債務整理 個人再生

裁判所に申し立てをして、再生計画案が認可されれば借金額が1/5程度に減り、3年くらいの長期で返済をしていくのが個人再生です。自己破産と異なり、住宅や車などの財産を手放さなくても良い可能性があります。任意整理と自己破産の中間のような手続きといわれています。

債務整理 自己破産

裁判所に申し立てをして、破産申立書が認可されれば借金額がゼロになるのが自己破産です。住宅や車など一定の価値がある財産は債権者に分配され、手放すことになります。

債務整理 費用

債務整理を行う際に弁護士、司法書士に支払う費用としては以下のようなものがあります。

・着手金
・報酬金
・過払い金返還報酬金
・手数料

債務整理 期間

債務整理 方法

債務整理 手続

債務整理 クレジットカード

債務整理 住宅ローン

債務整理 デメリット

債務整理 メリット

まとめ

債務整理をすると新しく借り入れができなくなるなどのデメリットもあり、一方で借金額を減らしたり利息をカットできるというメリットもあります。こうしたことを踏まえて、債務整理がもし必要ならば弁護士・司法書士に相談してみるのが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする